淡路瓦 銀古美 2

途方もない時間を費やし
地球の営みがつくりあげた奇跡の積層
淡路島の大地の恵み「土」
そして炎を操る瓦師の豊かな「感性」が表現する
オーガニックな質感

 

悠久の時を越え風雪に耐えたかのごとき
逞しくも味わい深く古美た表情
経年美化こそ日本建築の醍醐味・・・
銀古美の屋根は風景に必然の安らぎを与え
その地にしかない物語とともにかけがえなき原風景を未来へと繋ぐ

 

名だたる国宝級建築を風格と風情をもって守る
生命力ある古美た色彩を再現
晴れの日は品よく冴えわたり、雨の日は艶黒く
西陽を受けては夕色に染まる
土を焼いただけの瓦が魅せる奥ゆかしい陰翳の妙
四季が瓦の表情をつくり、風景を育てる
誰しもの記憶の奥底にある
美しく懐かしい日本景は、銀古美瓦が創ります

 

大栄窯業HP抜粋させていただいております。

 

前回も紹介させていただきました、この瓦

 

本来であれば、寒冷地である

ここ富山では

雪や凍害(凍て)で、すぐにボロボロにるということで

 

ずっとNGとされていました。

 

凍害の例はこちら

こちらは三州陶器瓦の凍害の様子です。

 

比較的、淡路瓦より凍害に強いと言われている

三州陶器瓦でさえ場所と焼き具合の状態で、凍害になってしまいます。

 

自分は、瓦の温度が低い瓦であればあるほど

凍害になりやすいのだと思っていましたが、

 

今年、大栄窯業の道上さんにお会いして

お話を聞かせていただくうちに、誤解だということがわかりました。

 

ちなみに瓦の焼成温度は

 

三州瓦  1100℃~1150℃

小松瓦  1200℃

石州瓦  1200℃~1250℃

 

となっています。

 

三州と小松瓦の焼成温度の差は50℃

温度だけ見ると

石州瓦が一番強いということになります。

 

当社でも石州瓦を使いますが、確かに強いです。

実際、日本で最高の温度で焼かれている瓦は

 

石州の亀谷窯業さん

1300℃です。  一度、使ってみたいものです。

 

話しを戻します。

淡路瓦は1000℃~1050℃と少し、温度が低めなので

富山や北陸など

寒冷地には向かないと言われています。

 

実際、富山で使用すると、2~3年でボロボロになります。

 

ちなみに富山で唯一、焼かれている

みのわ瓦 

焼成温度は1150℃と 三州と変わりません。

 

つまり、瓦は

その土がもともと持っている性能(ポテンシャル)ギリギリまで焼き締めしたものが

強いということです。

 

当然、焼けば焼くほど

瓦の精度が下がります・・・・・・・

 

精度と、強さは瓦にとって相反するもの

 

30年程度であれば、精度の良い瓦を

 

50年以上屋根を維持させようと思うのであれば強い瓦を

選ばれると良いと思います。

 

この淡路瓦銀古美は、今までの淡路瓦の常識を覆す

寒冷地対応の素敵な瓦です。

淡路瓦の特徴である、きめの細かい綺麗な肌質と

寒冷地で耐えれる強さを兼ね備えてます。

 

今回、富山県立山町にて

 

この銀古美を使わさせていただきました。

 

同業者さんから、大丈夫か?と色々言われましたが、

全く心配していません。

 

工事前の画像がこちら

f:id:hrs119toshitaka:20171203103903j:plain

f:id:hrs119toshitaka:20171203103954j:plain

 

工事後がこちら

 

f:id:hrs119toshitaka:20171203104023j:plain

f:id:hrs119toshitaka:20171203104055j:plain

 

工事中

f:id:hrs119toshitaka:20171203103707j:plain

f:id:hrs119toshitaka:20171203103641j:plain

f:id:hrs119toshitaka:20171203104203j:plain

この気合の入った素敵な瓦を

少しずつ、富山の風景にくわえていきたいですね^^  

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

デクラ屋根システム 

こんにちは

今日は、大阪に来ています。

目的は当社でもよく使用させていただいております

デクラ屋根システムの西日本ブロック会議に参加させていただきました。

 

デクラ屋根システムといえば、

ガルバリュウム鋼板に天然石を吹き付けたハイブリット屋根材

 

世界120カ国で採用され、60年以上の実績があります。

また、メンテナンスフリーで

ここ日本では30年の材料品質保証と10年の美観保証が付いています。

生産国である、ニュージーランドでは

50年の保証が付いているそうです。

簡単に言いますと

板金の良いところと、瓦の良いところを両方持っている

ハイブリットな屋根材です。

当社でも、カラーベスト(コロニアル)のリフォームで大活躍しています。

f:id:hrs119toshitaka:20171201123949j:plain

 

当社のチラシです。

 

最近は、新築の屋根にも使われています。

 

今回は、お陰様で

去年に続き

西日本ブロック販売賞1位と

フォトコンテスト賞

セネターオニキス賞

いただくことができました。

 

f:id:hrs119toshitaka:20171201124012j:plain

お客様と社員さんのお陰です。  ありがとうございました。

 

来年も、良い屋根材を良い工事で

しっかりと施工していきます。

 

 

瓦の良さとは❓

こんにちは

 

今日は、昨今

窓際に追いやられている瓦について少し説明したいと思います。

 

地震が来るたびに

重いだの、崩れるだのと嫌われる瓦

瓦が多いと言われる

ここ、北陸でも

新しい団地は

 

十件に一件ぐらいしか瓦屋根がありません。

ほとんどが鋼板屋根(板金屋根)です。

 

まあ、軽いにこしたことはありませんが・・・・・

 

当社も板金屋根はよく施工させていただきます。

 

軽くて、加工も容易で値段もそこそこ

そして、最近はSGL鋼板になり、25年穴あき保証がついていますので、

それは人気になります。とても良いものです。

 

最近は同じ屋根材として瓦と鋼板屋根が比べられますが、

自分はここが間違っていると思います。

 

本来、瓦と板金屋根材は比べるものではありません。

ヘビー級とライト級が勝負するようなものかと思います。

瓦が板金屋根材の真似をして

「軽量瓦」とか言っていますが、

全くお話になりません。

瓦は重いもの

軽くしては、瓦の良さが90%消えてしまいますね(-_-)

 

瓦の良さは、あくまで

焼き物

ということです。

 

精度が悪くて当たり前、

長く長く、長寿命な屋根材です。

 

最低25年はノーメンテナンス

焼きが強いものは100年越えても使えるのが瓦です。

しっかりと瓦の長所を生かして、

要所要所に使用したいと思います。

 

f:id:hrs119toshitaka:20171119132512j:plain

f:id:hrs119toshitaka:20171119132540j:plain

この瓦は弊社ギャラリー棟のポーチ屋根に使用した、

唯一最後の富山県産瓦(みのわツイン瓦)の試験焼き用の瓦です。

6回ほど窯に入って、焼かれています。

 

アホみたいに行儀が悪いですが、硬く強度はとても強いです。

 見た目も大切ですが、瓦は耐久性も大事です。

とても良い瓦かと思います。

 

台風21号 富山での被害の特徴

こんにちは

 

10月22日に日本列島を縦断した台風

富山県も被害がありました。

被害にあわれた方々には心よりお見舞い申し上げます。

 

当社も、雨漏り調査や補修に日々追われております。

 

一件一件丁寧に、原因を突き止めてから対応させていただいておりますので、

少しお時間をいただいております。

 

ご不便をおかけしますことをこの場でお詫び申し上げます。

 

さて、今回の台風の特徴があります。

 

基本的に富山県は22日未明より、強い強い北風の雨風が約4時間

降り続きました。

その結果、北面の屋根や壁からの雨漏りが多々発生しています。

特に、団地であれば

一番北側に面したお宅や住宅(北面に何も建築物が無いところ)

の被害がひどいです。

 

雨漏りした瓦屋根です

築10年チョット

どこも割れていません。もんだいありませんが、雨漏りしました。

瓦を外してみると

一日後の下地の様子です。

濡れているのが確認できます。

長く雨が入り続けたので、下葺き材が耐え切れず、家の中まで雨が入りました。

これは、樹脂系の下地ですので漏水に対しては

アスファルト系の下葺き材より若干劣ります。

 

今回はこのような新築のお宅での雨漏りが非常に多いです。

当社施工の物件では当然ありませんが、

下葺き材の大切さを痛感しました。

屋根からの景色です。

北側です。

何も遮るものが無いので、北風雨がダイレクトです。

風が強かったのか、太陽光パネルも一枚飛ばされています。・・・・・・・

 

しっかりと対応させていただきます。

淡路瓦 銀古美

淡路瓦

大栄窯業 銀古美

 

北陸デビューさせていただきました。

 

淡路の粘土をギリギリまで焼きを入れ

強烈に気合の入った瓦です。

だだし、

精度は良くありませんし、重たいですが

強度や耐久性、耐塩害、耐凍害に対しては最高です。

 

本来瓦のあるべき姿です。

 

 

淡路瓦だから北陸には向かないとか

2〜3年で凍害にあってボロボロになるよ!とか

色々言われましたが、

 

基本、関係ありません。

 

三州陶器瓦も最初はダメだと言われながら

40年近く富山で使われています。

 

瓦がダメかどうかは

材・工で工事をしている限り

葺き手の判断に委ねられます。

全てはこちらの責任において施工するのが、普通のことです。

メーカーの保証がどうのこうの・・・・・

 

結局10年です。(-_-)

瓦なのに・・・・・

 

保証制度でさえ

可笑しいですね。

 

自分の判断で

 

気合の入った瓦を使用し

質の高い仕事を

提供し

 

日本の風景と伝承者として

 

日々頑張っていきます!

 

 

           

 

素敵な

瓦達です。

 

スレート屋根の塗装について

こんにちは

今日は、夏に逆戻りしたようなとても暑い一日でした。

 

最近、お問い合わせの多い

スレート屋根の塗装後の雨漏り調査について、今日は少し説明させていただきます。

 

この前、雨漏りする現場に調査に行きましたら

塗装業者さんと太陽光業者さんが現場に・・・・

 

塗装業者さんは、当然・・・

『太陽光業者が屋根に穴をあけていたから雨漏りしている!』

と主張されていました。

 

太陽光業者さんは、当然・・・・

『うちは施工マニュアル通りしっかりやっているから雨漏りはまずしない!』

と主張されています。

 

現場の空気は最悪でしたね・・・・・・

 

今回はお客様が第三者の意見を聞きたいということで

専門である当社に依頼されて、自分も現地に立ち会わせていただきました。

 

どっちも気持ちはわかりますが、

 

とりあえず、内部の雨漏り部分を確認し、散水検査へ

 

f:id:hrs119toshitaka:20171009200613p:plain

 

当然ポタポタと内部に水が浸入してきました。

 

結局、原因は

スレート屋根の塗装時に縁切り無で塗装したことです。

 

塗装屋さんに

『縁切りしましたか?』と聞きましたが、わかっていなかったようです・・・・・・

話しにならないレベルで、太陽光の業者さんは気の毒でしたが、

実は、この案件は結構あります。

 

縁切りとは

 

f:id:hrs119toshitaka:20171009200914j:plain

f:id:hrs119toshitaka:20171009201202j:plain

 

 

 

雨漏り修理専門119 森板金工業さんHP抜粋

 

スレートのとスレートの間にタスペーサーを入れて、円を切ることです。

これをやらないで塗装をすると

 

f:id:hrs119toshitaka:20171009201148p:plain

こんな感じになってしまいます。

 

塗装を厚く塗りたくればいいものではありません・・・・・・

完全に雨漏りの原因になります!

 

その理由はこちら

f:id:hrs119toshitaka:20171009201250j:plain

一度入った水が、外に出なくなるからです。

 

瓦にコーキングをするのと同じ理屈ですね。

 

安価にできる屋根塗装ですが、しっかりとした施工をしないと

お金を払って、雨が漏るシステムになってしまいます。

 

業者選びは経験があるところにしていただくのを

心からお勧めします。

 

 

 

防災瓦(-_-;) 

こんにちは

 

今日は、陶器瓦(防災瓦)について説明させていただきます。

 

日本瓦、平板瓦ともに

最近は、防災機能があります。

 

防災瓦とは

 

日本瓦の場合 ↓

f:id:hrs119toshitaka:20171005200126j:plain

平板瓦の場合 ↓

 

f:id:hrs119toshitaka:20171005200230j:plain

という感じで

 

廻りの瓦と連結されるものです。

 

風速110mに耐えるだとか

地震に強いだとか

と色々言われています。

 

最近は

 

棟に使用する

熨斗瓦にも

 

f:id:hrs119toshitaka:20171005200411j:plain

 

防災熨斗瓦だとか言って、なんか突起がついています。(-_-;)

 

 

風に強い、地震に強いも大事ですが、

 

基本的に、風に強いも

地震に強いも

 

葺き手の問題です。

 

適当に施工した屋根は

 

瓦だけでなく、他の屋根材も全て

 

地震にも風にも弱いし、適当です。

 

防災瓦にしたところで、飛ぶものは飛びます。

 

反対に、

 

しっかり施工した屋根は

 

防災瓦でなくても

地震にも

風にも十分強いです。

 

はっきり言って、防災機能は必要ありません。

邪魔です。

こんなことを書くと怒られそうですが.....

 

f:id:hrs119toshitaka:20171005200901j:plain

 

防災機能が付いた瓦は、基本的に葺き手が楽なだけです。

 

葺き手の楽は瓦の負担になります。

 

やはり、施工レベルでこちらがしっかりと

 

地震や風に強い屋根を提供すべきかと思います。